リバイタラッシュアドバンス使用時の注意点

目次

Q1.リバイタラッシュアドバンスの偽物を使用した場合、どんな影響がありますか?

 

リバイタラッシュアドバンスは、まつげ美容液の中で特に人気の商品です。

 

しかし中には人気商品を真似して作られた偽物も出回っており、偽物を使用すると目やまぶたなどにトラブルが起きてしまうこともがあります。

 

購入する時は、正規品かどうかしっかり確認する必要があります。

 

 

本物のリバイタラッシュアドバンスには、「ビマトプロスト」という色素沈着の副作用を引き起こす成分は含まれていません。

 

しかし、偽物にはこの成分が使用されている可能性があります。

 

正規品のリバイタラッシュアドバンスとは違う成分で作られているため、効果は期待できないと考えていいでしょう。

 

偽物を使用してしまった人からは、色素沈着やまぶたの腫れ、痒みなどといったトラブルが報告されています。

 

正規品の半分ほどの値段で購入できるためお得に感じますが、後に起こるかもしれないトラブルを考えると、決して安い買い物とは言えません。

 

何も効果を感じられなかっただけならまだいいですが、まぶたがかぶれたり、まつげが抜けたりするようなトラブルが起きてしまったら取り返しがつかないですよね。

 

使用を止めたら元に戻ったという口コミもありますが、すぐに解決する問題ではないため、しばらくは副作用に苦しむことになるでしょう。

 

トラブルを防ぐためにも、正規品を購入するようにしてください。

 

 

Q2.「リバイタラッシュアドバンスが原因で色素沈着した」という口コミは本当?

 

まつげ美容液はいろいろな会社から販売されていますが、それらの商品の口コミの多くに色素沈着したという報告が見られます。

 

リバイタラッシュアドバンスも例外ではなく、使用を続けていくうちに色素沈着してしまったという口コミがありました。

 

おそらく、色素沈着の副作用が出た人は、正規取扱店以外のお店で購入したリバイタラッシュアドバンスを使用していると考えられます。

 

大手通販サイトでも販売されていますが、これらのサイトで売られている商品のほとんどは正規品よりも安い値段に設定されています。

 

正規取扱店で買うと13,000円しますが、大手通販サイトでは最安値商品が7,000円行以下で販売されています。

 

この値段の差を見れば、正規取扱店以外で購入する人がいるのも仕方ないのかな、と思います。

 

大手通販サイトの口コミをチェックしてみると、色素沈着の副作用があったという口コミがたくさん見られました。

 

もしかすると、偽物だと疑いながら使用を続けている人もいるのかもしれません。

 

 

また、リバイタラッシュアドバンスは前まで「リバイタラッシュ」という名前で売られていたのですが、リニューアルに伴いリバイタラッシュアドバンスという名前に変わりました。

 

リニューアル前のリバイタラッシュには色素沈着の原因となる成分が配合されていたのですが、現在販売されているリバイタラッシュアドバンスにはこの成分は含まれていません。

 

改良前のリバイタラッシュを使用した場合は、色素沈着が起きる可能性があるかもしれません。

 

しかし、現在販売されている正規品は改良後のリバイタラッシュアドバンスのみですので、色素沈着の副作用はなく安心です。

 

色素沈着が起きてしまうとすぐには消えないですし、時間が経てば元に戻るとも限りません、

 

本物だった、まつげが伸びたというレビューを信用したくなる気持ちも理解できるのですが、悪いレビューにもしっかり目を通してみてくださいね。

 

 

Q3.パッチテストはした方がいいの?

 

正規取扱店で購入した場合でも、パッチテストは必ず行っていただきたいです。

 

敏感肌であることを自覚している人はパッチテストをすることが多いと思うのですが、肌が強い人は事前にパッチテストをすることがあまりないかもしれません。

 

リバイタラッシュアドバンスは海外製品ですので、肌の強い人であっても念の為パッチテストはしておいた方がいいでしょう。

 

 

それに、この商品はまつげ美容液ですのでまつげの生え際ぎりぎりまで塗ることになります。

 

顔の肌は体の肌に比べて敏感ですので、肌に合わないと腫れや痒みなどのトラブルが起きてしまう可能性があります。

 

 

正規取扱店ではなく、大手通販サイトやフリマアプリなどを通じて購入した商品についても、パッチテストを行うようにしてください。

 

これらのルートで購入した商品は偽物である可能性があり、正規品とは配合成分が異なる場合があります。

 

色素沈着が起こるリスクも高いですし、まぶたに腫れなどのトラブルが起こる可能性もあります。

 

どこで購入したものであっても、パッチテストは必ず行うようにしましょう。

 

パッチテストのやり方はとても簡単です。

 

二の腕の内側など、皮膚の柔らかい部分に直接塗り24時間後に状態を確認します。

 

肌が赤くなっていないか、かゆみはないか、色素沈着していないかなどをチェックしましょう。

 

パッチテストを行い、異常が見られなければ目元に使用しても大丈夫だと思います。

 

 

Q4.目が充血してしまいました。リバイタラッシュアドバンスは偽物でしょうか?

 

リバイタラッシュアドバンスを使用して目が赤くなってしまったとしても、それが偽物であるとはかぎりません。

 

改良前のリバイタラッシュは、「ビマトプロスト」という白内障治療に使用される成分が含まれていました。

 

この成分は、色素沈着や目の充血といった副作用が報告されています。

 

しかし、現在販売されているリバイタラッシュアドバンスには、「ビマトプロスト」は配合されていません。

 

 

また、早く効果を出したいからと多めに塗布していた場合も、目に赤みが出てしまう場合があります。

 

多く塗布したことで液が目の中に入り、それが充血を引き起こしたと考えられます。

 

目に入った際にまぶたをこすってしまうと、さらに目の赤みが悪化してしまうこともあります。

 

使用量を守り正しい方法で塗布していれば、充血などのトラブルは起こらないでしょう。

 

 

ただ、もし使用している商品が正規品ではなく偽物だった場合、成分が原因で充血が起きている可能性もあります。

 

記載されている成分以外のものが入っている可能性もゼロではありませんし、充血の原因となる成分が含まれている可能性も十分考えられます。

 

目元はとてもデリケートな部分ですので、トラブルが起きてしまうと大変です。

 

不安要素を減らすためにも、正規取扱店で購入するようにしてください。

 

 

Q5. 花粉症で目に痒みがある時も使って大丈夫?

 

花粉が飛ぶ時期になると、目が痒くなることがあります。

 

花粉症で目に痒みがある時でも、まつげ美容液を使っているという人もいるでしょう。

 

花粉症用の目薬を使用している人は、なるべくリバイタラッシュアドバンスを使うタイミングをずらすようにしてください。

 

目薬は使用回数や使う時間が決められていると思いますが、痒みが強いときも目薬を点したいなと思いますよね。

 

私も花粉症持ちで、毎年花粉の時期になると目や鼻の痒みに苦しめられていました。

 

その際もリバイタラッシュアドバンスを使用していましたが、使うタイミングは工夫していました。

 

たとえば、お風呂から出たあとは体温が上がり痒みが出やすいので、この時に痒みを抑える目薬を点します。

 

お風呂から出てすぐに目薬をしているので、寝る前はまだ目の痒みを感じません。

 

リバイタラッシュアドバンスは寝る直前に使用するのがいいといわれているため、就寝前に塗布し、すぐ寝るようにしています。

 

寝ている間は意識がないので、無意識のうちに掻いている可能性もありますが、意識がある中では痒みで目をこすることはありませんでした。

 

花粉症で痒みに耐えられない時は、目尻を引っ張ったり目頭を軽く押したりして、まぶたに触れないようにして痒みを抑えていました。

 

薬を使用していても、痒みが治まらず目を掻いてしまうこともあります。

 

そんな時は、リバイタラッシュアドバンスを使わないようにしました。

 

1日や2日使用をお休みした程度なら、まつげに変化は出ません。

 

 

花粉症以外では、風邪をひいた時もリバイタラッシュアドバンスを数日間お休みしたことがありました。

 

風邪で体調が悪いときや、顔を洗えないときなど、リバイタラッシュアドバンスを使えない日もありますよね。

 

そのような時は、リバイタラッシュアドバンスを無理に使用せず、お休みしてもいいと思います。

 

 

Q6.目をこする癖があるのですが、直した方がいいですか?

 

リバイタラッシュアドバンス使用後に目をこすってしまうと、塗布した液が涙で落ちてしまったり、目に入ったりしてしまうことがあります。

 

また、目をこすることで色素沈着が起こる可能性もあります。

 

もし目にゴミが入っていたりコンタクトをつけていたりした場合は、目をこすることで眼球が傷ついてしまう恐れもあります。

 

このような癖をすぐに直すことは難しいですが、なるべく意識して目をこすらないようにした方がいいでしょう。

 

リバイタラッシュアドバンスを使用していなかったとしても、目をこすることは目の周りの黒ずみやまつげの脱毛を起こすトラブルにも繋がってしまいます。

 

痒みが気になる時は、涙腺の近くを押したり、目尻を横に伸ばしたりするなど、別の部分に軽い刺激を与えることで痒みを和らげることができます。

 

 

リバイタラッシュアドバンスを使用したあとは、目をこすらないよう注意しましょう。

 

日中に使用するとそのあと目をこすってしまう恐れもあるため、寝る直前に使うことをおすすめします。

 

塗る量が多すぎると目に入り刺激を感じてしまうこともあるため、塗布する量にも注意しましょう。

 

 

Q7.リバイタラッシュアドバンスはどのタイミングで使うと効果的ですか?

 

 

リバイタラッシュアドバンスは、使用するタイミングと使い方が非常に重要です。

 

間違った塗り方を続けてしまうと、トラブルが起きてしまうこともあります。

 

トラブルを防ぐためにも、正しく使用するようにしましょう。

 

 

とはいえ、リバイタラッシュアドバンスの使い方は難しいものではありません。

 

使用回数は1日1回、就寝前にアイラインを引くようにまつげの生え際に塗布するだけです。

 

化粧水などの成分と混ざらないよう、スキンケアを終えて目元がしっかり乾いたあとに塗るのがいいとされています。

 

成長ホルモンは眠りについたあと3時間ほどで分泌されるといわれているので、寝る直前に塗るのがベストかなと思います。

 

では、寝る前にアイクリームでケアをしているという人はどうすればいいのでしょうか。

 

その場合は、塗る順番ではなく、乾いてから次を塗るということを意識することが重要です。

 

 

お風呂から出たあとすぐに寝たい場合や、スキンケアを終えたらすぐベッドに入りたいという時もあると思います

 

ただ、スキンケア後にすぐ寝ようとすると、リバイタラッシュアドバンスを塗るタイミングが無くなってしまいますよね。

 

そのような時は、まつげの生え際に基礎化粧品をつけないようにすれば、その直後にリバイタラッシュアドバンスを塗布しても問題ないと思います。

 

お風呂上がりでまぶたが濡れている時に使う場合は、タオルなどで水分をきちんと拭き取ってから塗るようにしましょう。

 

1日1回使用することが大切ですが、忙しい時や眠気を抑えられない時などは、1日程度なら使用をお休みしても大丈夫だと思います。

 

私も1日や2日サボってしまった日がありましたが、特に問題はありませんでした。

 

 

Q8.リバイタラッシュアドバンスを使った翌朝、洗顔は必要?

 

リバイタラッシュアドバンスを使用した翌朝は、軽くでもいいので洗顔することをおすすめします。

 

1日程度であれば洗わなくても大丈夫だと思いますが、皮膚やまつげにはホコリや汚れが付着しますので、汚れを落とすという意味でも朝晩の洗顔は大切です。

 

石鹸は必ずしも使用しなければならないというわけではありません。

 

朝はホコリなどがそれほど付着していないので、ぬるま湯のみでの洗顔でも問題ないと思います。

 

石鹸を使用するかどうかは肌の状態もありますのでご自身での判断が重要ですが、リバイタラッシュアドバンスを使用した翌朝は極力洗顔するようにしてください。

 

 

タイミングが合わず洗顔できないような時は、1日くらいならリバイタラッシュをお休みしてもいいかと思います。

 

洗顔をすることで汚れが落ちるとともに、スキンケアの浸透力を高める効果も期待できます。

 

皮膚が汚れていると、せっかくリバイタラッシュアドバンスを塗っても効果が活かせないかもしれません。

 

効果を最大限に活かすためにも、洗顔をして肌の汚れを落としてから使用することを心がけたいですね。

 

 

Q9.どこに保管した方がいいですか?

 

リバイタラッシュアドバンスは、高温多湿の場所や温度変化の大きい場所、直射日光が当たる場所を避けて保管することが大切です。

 

洗面台に置いておけば、使い忘れを防ぐこともできるので安心かと思います。

 

また、保管する時は蓋をしっかりと締めるようにしてください。

 

蓋を締めずに保管すると、ハケが乾燥したり中に雑菌が入り繁殖したりしてしまうことがあります。

 

蓋の中が白っぽく固まってしまうこともありますので、蓋をきちんと締め、高温多湿でない安全なところに保管するようにしてください。

 

 

Q10.リバイタラッシュアドバンスとリバイタラッシュアドバンスジャパンはどう違うのですか?

 

リバイタラッシュアドバンスとリバイタラッシュアドバンスジャパン、名前の違う2つの商品があることにお気づきの人も多いでしょう。

 

名前は似ているけれど、何が違うの?と不思議に思いますよね。

 

どちらを買えばいいのか悩んでしまうこともあるかと思います。

 

この2つの商品は、同じ製造会社から作られていますが、成分と価格は異なります。

 

 

リバイタラッシュアドバンスは、日本の薬機法で認可されていない成分が含まれているため、日本での販売許可が下りませんでした。

 

そのため、日本でも販売できるよう、成分が改良され「リバイタラッシュアドバンスジャパン」という名前で販売されるようになったのです。

 

ジャパンという名前が付いていることから日本で作られていると思われがちですが、製造国はアメリカです。

 

日本で許可されていない成分が含まれているからといって、リバイタラッシュアドバンスが日本人の肌に合わないというわけでもないのです。

 

 

正規取扱代理店も異なり、「リバイタラッシュアドバンス」は「ビューティーアンドヘルスリサーチ社」が、「リバイタラッシュアドバンスジャパン」は「エム・アール・アイ」が販売しています。

 

リバイタラッシュアドバンスは、ビューティーアンドヘルスリサーチ社以外から購入した場合、偽物が届いてしまう可能性があります。

 

リバイタラッシュアドバンスジャパンは、輸入代理店の「エム・アール・アイ」が正規取扱代理店となりますので、リバイタラッシュアドバンスジャパンを購入したい場合はこちらから注文するようにしましょう。

 

この2つの商品は内容量と値段も異なります。

 

・リバイタラッシュアドバンス・・・13,200円/3.5ml

 

・リバイタラッシュアドバンスジャパン・・・10,584円/2ml

 

販売価格はリバイタラッシュアドバンスジャパンの方が安いのですが、ランニングコストという点ではリバイタラッシュアドバンスの方が安いですよね。

 

リバイタラッシュアドバンスには育毛成分が配合されており、長期的に使うことを考えるとリバイタラッシュアドバンスジャパンより出費も抑えられます。

 

成分の違いは日本の薬機法によるものなので、その点が気にならなければリバイタラッシュアドバンスを購入した方がいいのではないかと思います。

 

 

Q11.リバイタラッシュアドバンスに匂いはありますか?

 

リバイタラッシュアドバンスはほぼ無臭といっていいと思います。

 

匂いに敏感な人でも、特に気にせず使用できるのではないでしょうか。

 

商品の匂いが原因で気分が悪くなった、使い心地が悪いと感じたというトラブルも特にありません。

 

まつげ美容液と聞くと香りが添加されているようなイメージを持つかもしれませんが、リバイタラッシュアドバンスはほぼ無臭ですので、匂いに敏感な方でも安心です。

 

 

Q12.リバイタラッシュアドバンスはどのタイミングで塗ればいい?

 

リバイタラッシュアドバンスを塗るベストタイミングは寝る前となっています。

 

注意点としては、基礎化粧品をつけた直後の塗布は避けるということ。

 

基礎化粧品を使用した直後にリバイタラッシュアドバンスを塗ると、油分などではじかれ浸透しない可能性があります。

 

せっかく塗布しても効果が活かせないかもしれませんので、基礎化粧品がしっかりと乾いてから塗るようにしてください。

 

別途アイクリームなどを使用する場合は、リバイタラッシュアドバンスが乾いてから塗るようにしましょう。

 

 

また、基礎化粧品だけでなくあくびによる涙にも注意が必要です。

 

あくびをした際に出る涙でリバイタラッシュアドバンスの成分が流れてしまうこともありますし、目に入ってしまうこともあります。

 

あくびが出るような眠い時間帯の使用は避けた方がいいでしょう。

 

 

基本的な使用回数は1日1回ですが、中には朝晩2回使用しているという人もいるようです。

 

1日2回使用した方がより効果的なのでは?と感じるのかもしれません。

 

朝に使用する場合は、基礎化粧品や日焼け止め、化粧品などと混ざってしまうことがありますよね。

 

そうなるとリバイタラッシュアドバンスの効果が薄れてしまう可能性もあります。

 

ただ、まつげ美容液の中には朝晩と1日2回使用するよう説明書に書かれているものもあるため、その場合は説明書通り朝晩使用した方がいいでしょう。

 

しかし、リバイタラッシュアドバンスの使用は1日1回と決められています。

 

説明書にも記載されていますし、1日1回で効果を実感している方もたくさんいます。

 

デリケートな目の周りに使うものですので、回数と量をしっかり守って使用するようにしましょう。

 

 

Q13.化粧水やクリームを塗る順番は?

 

リバイタラッシュアドバンスは、寝る前に使用することがおすすめされています。

 

スキンケアのお手入れをリバイタラッシュアドバンスの前に行うか後に行うかは、人によって異なります。

 

また、寝る直前に塗る場合、あくびの涙でリバイタラッシュアドバンスの液が流れてしまうのでは?と不安を感じる人もいるようです。

 

涙が出るほどあくびをすると、まつげやまぶたが濡れてしまいますし、涙で塗った液が目に入ってしまうこともありますよね。

 

 

クリームなど油分を多く含む基礎化粧品を使用している人は、リバイタラッシュアドバンスの後に塗ることが多いようです。

 

まつげの生え際に油分が残ってしまうと、リバイタラッシュアドバンスの液が弾かれ浸透しにくくなってしまう場合があります。

 

アイクリームなどを塗る場合は、基礎化粧品でケアしたあとにリバイタラッシュアドバンスを塗布し、最後にアイクリームという順番にしてもいいのではないでしょうか。

 

 

使用している化粧品の内容や、あくびが出る時間帯によってリバイタラッシュアドバンスを塗るタイミングは異なります。

 

基礎化粧品を使用する場合は、先に塗ったものが乾いてから次のものを塗るようにしてくださいね。

 

 

Q14.リバイタラッシュアドバンスの使用で二重になることはある?

 

私は、実際にリバイタラッシュアドバンスを使用して二重になりました。

 

ただ、二重になったのは加齢でまぶたが下がったことも関係しているのかもしれません。

 

まさか二重になるとは思っていなかったので嬉しい誤算でした。

 

 

リバイタラッシュアドバンスを使っていくうち、まつげが根本からしっかりと太くなっていきました。

 

そのおかげで二重になったのかもしれません。

 

 

もし二重になりたいと思っている人がいれば、二重化粧品で二重のクセをつけながら、リバイタラッシュでまつげを丈夫にするのがいいかもしれません。

 

二重になればナチュラルメイクがより楽しめるようになりますし、自然なぱっちりした目が手に入るかもしれませんよ。

 

 

Q15.リバイタラッシュアドバンスは1日に2回使ってもいいの?

 

リバイタラッシュアドバンスの使用回数は1日1回となっています。

 

他のまつげ美容液の中には朝晩の2回塗るタイプもあるため、説明書を読まずに使用している人の中には、1日2回使用している人もいるかもしれません。

 

リバイタラッシュアドバンスはなぜ1日1回なのかというと、1回だけで十分に効果を発揮できるからです。

 

まつげ美容液というよりも、まつげ育毛剤と表現した方がいいかもしれません。

 

1日1回で効果が出るなら、使用回数を増やせばもっと効果が高くなるのでは?と思う人もいるでしょう。

 

しかし、塗る回数を増やしても効果は変わりませんので、1日1回の回数をしっかり守って使用してください。

 

何度も使う、量を増やして塗るというよりも、「効果を発揮できるように使用する」ということを意識しましょう。

 

 

Q16.リバイタラッシュアドバンスはどうやって塗ればいいの?

 

リバイタラッシュアドバンスは、「アイラインを引くようにさっと塗る」という使用方法が特徴です。

 

しかし実際に使用してみると、まつげの生え際にさっと塗るのは案外大変です。

 

ペンタイプのアイライナーではなく、リキッドアイライナーをイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

まつげの根元、そして根本の間にハケを乗せるように塗布していきます。

 

 

液の量が多すぎると、ひと塗りで全体に塗ることはできるものの、目の中に入り込んでしまうことがあります。

 

液を乗せるようにつければ目の中に入ることはないですし、液を必要以上に使わなくて済むため節約にもなります。

 

 

寝る直前に塗ったあとは目を閉じて寝るだけですので、上まぶたに塗った液が下まつげにも浸透するかと思います。

 

下まつげにも塗りたいという方は、まつげとまつげの間に乗せるようにつけるといいでしょう

 

最初の頃は液の量がわからず迷ってしまうかもしれませんが、自分に合った塗り方や液の量を分析するようにすれば、次第にコツが掴めてくるはずです。

 

 

Q17.使用期間はどれくらい?効果を感じられるのはいつ?

 

効果の出方には個人差がありますが、早い方ですと使用後2週間ほどで効果を感じたという人もいます。

 

回答を見てみると、だいたい1ヶ月程度で効果を実感している方が多いようです。

 

効果がわかるまで2ヶ月以上かかったという人もいますが、もしなかなか効果を感じられない場合は、使用方法が間違っていないか確認してみた方がいいかもしれません。

 

使用量や塗るタイミング、他に使用している基礎化粧品など、注意すべき点も多いです。

 

ただ塗ればいいというわけではなく、使用方法や塗る時間帯も意識することが大切です。

 

 

使う期間についてですが、効果を感じられたらそこで止めていいというわけではありません。

 

使用をすぐに止めてしまうと、元のまつげに戻ってしまう可能性があるからです。

 

止めたら必ず元に戻るというわけではありませんが、お手入れを疎かにすると、まつげの状態も変わっていきます。

 

まつげエクステやまつげパーマを続けるとまつげが傷んでしまい、抜け落ちて量が減ってしまうことがあります。

 

ビューラーなどの刺激を減らしたり、リバイタラッシュアドバンス以外にもまつげ美容液を使ったりするなど、まつげをいたわる生活をしていれば、伸びたまつげを維持できると思います。

 

リバイタラッシュアドバンスでまつげが十分に伸びたと思えたら、使用回数を1日置きに減らしてみるのもいいかもしれません。

 

使用回数や使用量が減ったとしても、使用を続ければまつげの長さや量を維持できると思います。

 

 

Q18.妊娠中や授乳期にも使用できる?

 

妊娠中や授乳期の使用は避けた方がいいと言えます。

 

胎児に影響が出るような成分は含まれていないと考えられますが、妊娠中や授乳期は体が敏感になっている時期。

 

肌荒れが起こりやすくなったり、髪が抜けやすくなったりします。

 

頭髪だけでなく、まつげが抜けてしまうこともあるかもしれません。

 

そのような状態でリバイタラッシュアドバンスを使用しても、十分な効果は得られないのではないでしょうか。

 

リバイタラッシュアドバンスは安価とはいえない値段ですので、効果が期待できない時期に使うのはもったいないですよね。

 

これらのことから、産後や授乳後、体調が安定してから使用することが推奨されていると考えられます。

 

 

そして、リバイタラッシュアドバンスを妊娠中に使っても問題ないか確認する臨床実験は行われていません。

 

臨床結果がないため、妊婦さんや胎児に100%影響がないとも言いきれないのです。

 

歯医者で使用する麻酔もそうですが、妊娠中であることを告げると「妊娠していても問題ないが、不安なら使わない方がいい」と言われることがあります。

 

医者ですら絶対に安全とは言い切れないのですから、自己判断での使用はさらに不安になってしまうと思います。

 

妊娠中や授乳中は使用しないように、医師に相談するようにとの記述がありますので、やはり使用は控えた方がいいでしょう。

 

 

 

Q19.リバイタラッシュアドバンスで副作用は起こりますか?

 

リバイタラッシュアドバンスを使っても副作用は起こらなかったという口コミを多く見かけます。

 

しかし、中には少なからず副作用を感じている人もいます。

 

具体的な副作用は、まぶたの周辺に色素沈着が出てしまった、目が充血してしまった、痒くなってしまった、など。

 

このような副作用が起こる原因には、「ビマトプロスト」という成分が関係していると考えられます。

 

しかし、現在販売されているリバイタラッシュアドバンスには、「ビマトプロスト」は使用されていません。

 

副作用が起こりにくいパンテノールという成分を使用していますので、副作用が起こる可能性は低いと言えます。

 

 

もしリバイタラッシュアドバンスで副作用が起きた場合、正規品ではなく類似品を使用している可能性があります。

 

類似品とは、半額ほどの値段で販売されている商品のことで、正規取扱店以外で取り扱っているもののことです。

 

正規取扱店以外で購入したものがすべて類似品というわけではありませんが、そのようなルートで購入したものを使って副作用が起きた場合は、類似品の可能性を疑った方がいいでしょう。

 

ただ、正規品を使用していれば副作用は絶対起こらないというわけでもありません。

 

中には、肌に合わずまぶたの赤みや痒みを感じるという方もいます。

 

しかし正規品には「ビマトプロスト」が含まれていないため、色素沈着することはないと思います。

 

リバイタラッシュアドバンスで副作用が起きた場合は、類似品の可能性を疑ってみましょう。

 

 

Q20.リバイタラッシュとはどのような商品ですか?

 

リバイタラッシュを開発したのは、マイケル・ブリンケンホフというアメリカの医師です。

 

マイケル・ブリンケンホフ氏の妻は乳がんを患っており、その影響でまつげがなくなってしまったそう。

 

そんな奥様のまつげを伸ばすために開発されたのがこのリバイタラッシュなのです。

 

以前販売されていたリバイタラッシュには「ビマトプロスト」という成分が含まれていました。

 

「ビマトプロスト」は白内障のために使用されていた目薬でしたが、この目薬を使用した患者のまつげが伸びたことから、まつげ育毛剤として使用されるようになったのです。

 

 

この目薬は眼圧を下げるためのもので、白内障でない人が使用したからといって失明や眼病に繋がるようなことはありません。

 

しかし、副作用として目の周りの赤みや色素沈着が起こるという報告はされているようです。

 

 

「ビマトプロスト」という成分は改良前のリバイタラッシュに含まれていましたが、現在販売されているリバイタラッシュアドバンスには含まれていません。

 

代わりに別の育毛成分が使用されています。

 

正規取扱店で注文すれば、リニューアル後のリバイタラッシュアドバンスが手元に届きます。

 

 

Q21.塗るのを止めたらまつげは元に戻りますか?

 

リバイタラッシュアドバンスを使用してまつげの伸びを実感すると、いつ使用を止めればいいかが気になってきますよね。

 

ただ、使用を止めたら元に戻ってしまうのは?と不安になり、止めるタイミングが掴めないとお悩みの方もいるでしょう。

 

効果を実感し、伸びや濃さに納得できるようになる頃には、恐らくリバイタラッシュアドバンスを2本ほど使い切っていると思います。

 

1本でだいたい半年ほど使えますので、2本を使い切る頃には1年ほど経っていることになりますよね。

 

 

まつげの長さや濃さに満足できていれば、その時点で使用を止めても大丈夫かと思います。

 

とはいえ止めたあともまつげのケアは必要です。

 

ビューラーによる刺激を減らす、クレンジングの際に目をこすらないなど、まつげを労る生活を心がけた方がいいでしょう。

 

 

口コミの中には使用を止めたら元に戻ってしまったという内容もありますが、もしかするとまつげのケアを怠っていたことが原因かもしれません。

 

 

まつげエクステやまつげパーマ、ビューラーやクレンジングによる刺激など、このようなダメージが蓄積されると、まつげが弱り抜けやすくなってしまいます。

 

せっかくリバイタラッシュアドバンスを使って伸びたとしても、このような生活を送っていては意味がなくなってしまいます。

 

 

満足するまで伸びたあとも、リバイタラッシュアドバンスを使い続けられればそれが一番かもしれません。

 

しかしそれが難しい場合は、まつげを大切に扱い、しっかりケアするということが大事かなと思います。

 

比較的安価な、別のまつげ美容液を使ってケアしてくのもいいかもしれませんね。

 

現状をキープするためにも、まつげを大切にすることを意識しましょう。

 

 

ページの先頭へ戻る